ドッグフード、安心なもの危険なもの

ドッグフードの安心なもの危険なものを詳しく解説

ドックフードのランク

ドッグフードにはランクがあるのをご存知でしょうか。ランクが高い順にホリスティックフード、プレミアムフード、ドッグフードとなっています。ホリスティックフードは、肉、野菜、果物などのたくさんの自然食材の組み合わせているドッグフードです。無添加で人間が食べられる素材のみを使用している為、安全性は非常に高いのが特徴です。通販やペットショップで購入することができます。

プレミアムフードは1kg 以上で、1000円以上で販売されているドッグフードです。犬の体に優しい無添加のドッグフードとなっており、ペットショップや通販などで購入できます。ドッグフードは合成着色料、合成保存料、副産物が使用されていることが多いです。スーパーやホームセンターなどでも購入できることができます。1kg 未満1000円で販売されています。

一概にホリスティックフードやプレミアムフードではないドッグフードが危険という訳ではありません。しかし、比較すると安全性が高いのはホリスティックフードやプレミアムフードなのは間違いありません。値段はどうしても高くはなってしまいますが、安全性を重視したいと考えるのであれば、ホリスティックフードやプレミアムフードを選択すべきと言えます。

海外産のもの

海外産のドッグフードを使用している方は少なくないはずです。しかし、注意しないといけない点があります。それは、輸入方法です。パッケージに正規輸入品や正規品のマークがあるかどうかに注目してください。正規品とは、正規代理店が温度を徹底して管理した専用コンテナで輸入しており、取引店の小売店から販売されているものです。もちろん、品質保証もしっかりしている為、安全性を重視する方に適しているドッグフードと言えます。

並行輸入品の場合は、他の関係ない荷物と一緒に輸入され、専用コンテナでもありません。そのため、温度管理もずさんで、品質の劣化が激しくなっています。コンテナ内が高温になって脂の酸化が進むことにより、ドッグフードの劣化が進むリスクがあります。さらに品質保証もありません。

海外産のドッグフードの値段に大きく関係しているのが、正規品か並行輸入品かの違いです。脂が酸化しているかどうかを知る為には、袋を開けた時に酸っぱいにおいがするかどうかです。脂は酸化してしまうと、動脈硬化、ガン、心筋梗塞老化などの病気の原因となります。さらに、老化の原因となる活性酵素を増加させてしまいます。そのため、海外産のドッグフードを使用する時には、しっかり注意しないといけません。

安心なドッグフード

完全に安心なドッグフードというのは、断言はできません。しかし、できるだけ安全となると話は別です。ドッグフードの値段は原材料の品質やメインになる原材料で決められています。動物性たんぱく質のドッグフードについては、トウモロコシや小麦粉がメインのドッグフードよりも値段が高いです。そのため、安全性を重視するなら動物性たんぱく質のドッグフードが良いです。

また、肉がメインのドッグフードでも、ホルモン剤を使用しておらず、病死や事故死の家畜のお肉が使用されていないのであれば、安全性は比較すると高いです。人間が食べられる食材を使用しているドッグフードはどうしても値段が高くはなりますが、犬が食べても安全です。

小麦粉やトウモロコシといった穀物類はコストが安い為、当然値段も安くなります。しかし、消化が悪いというネックな部分があります。肉がメインなら何でも良いという訳ではありません。一番の目安になるのが値段です。高い値段である商品のもの程、安全性は高まります。安いドッグフードはそれほどコストをかけることができず、安全性は比較すると低いと言えます。原材料と値段の両方をしっかり見るようにしてドッグフードを選択すれば、安全性の高いドッグフードを選択できます。

ドッグフードについて

大切なご家族の一員の犬にご飯としてドッグフードを使用している方は少なくないでしょう。しかし、そのドッグフードにはたくさんの添加物が使われているのをご存知でしょうか。色を良く見せる着色料、栄養を調整する為のミネラル類、長期保存する為の保存料などです。添加物の恐ろしい点は、複数の添加物が化学反応を起こしてしまう、強い毒性を持ってしまう危険があるという部分です。そのため、飼い主の方が注意しないといけないのは原材料の表記です。

どういった原材料を表記しているのかを知り、その上でドッグフードを購入すべきです。一番注意をしないといけないのは、化学物資です。プロピレングリコールでは腸の障害が起きやすくなる、硬い便が出るようになるといった特徴があります。BHAでは発がん性の危険が指摘されています。

ドッグフードならどれでも良いと思って購入される方は少なくありません。しかし、実は危険なドッグフードもあるのが事実です。ドッグフードを加工する際だけではなく、原料となる食品を加工する際にも化学薬品を使用します。その後に下請業者が二次加工をしますが、保存料を添加します。さらに、最終加工でも化学物質が添加される為、どんな化学変化が起こるのか分からないのが事実です。それでもできるだけ安全ドッグフードを使用したいと思うのは当然です。このサイトでは飼い主の方が気になるドッグフードの安心なものと危険なものについての説明をしています。