ドッグフード、安心なもの危険なもの

ドッグフードの安心なもの危険なものを詳しく解説
未分類

ドッグフードについて

大切なご家族の一員の犬にご飯としてドッグフードを使用している方は少なくないでしょう。しかし、そのドッグフードにはたくさんの添加物が使われているのをご存知でしょうか。色を良く見せる着色料、栄養を調整する為のミネラル類、長期保存する為の保存料などです。添加物の恐ろしい点は、複数の添加物が化学反応を起こしてしまう、強い毒性を持ってしまう危険があるという部分です。そのため、飼い主の方が注意しないといけないのは原材料の表記です。

どういった原材料を表記しているのかを知り、その上でドッグフードを購入すべきです。一番注意をしないといけないのは、化学物資です。プロピレングリコールでは腸の障害が起きやすくなる、硬い便が出るようになるといった特徴があります。BHAでは発がん性の危険が指摘されています。

ドッグフードならどれでも良いと思って購入される方は少なくありません。しかし、実は危険なドッグフードもあるのが事実です。ドッグフードを加工する際だけではなく、原料となる食品を加工する際にも化学薬品を使用します。その後に下請業者が二次加工をしますが、保存料を添加します。さらに、最終加工でも化学物質が添加される為、どんな化学変化が起こるのか分からないのが事実です。それでもできるだけ安全ドッグフードを使用したいと思うのは当然です。このサイトでは飼い主の方が気になるドッグフードの安心なものと危険なものについての説明をしています。