ドッグフード、安心なもの危険なもの

ドッグフードの安心なもの危険なものを詳しく解説
未分類

海外産のもの

海外産のドッグフードを使用している方は少なくないはずです。しかし、注意しないといけない点があります。それは、輸入方法です。パッケージに正規輸入品や正規品のマークがあるかどうかに注目してください。正規品とは、正規代理店が温度を徹底して管理した専用コンテナで輸入しており、取引店の小売店から販売されているものです。もちろん、品質保証もしっかりしている為、安全性を重視する方に適しているドッグフードと言えます。

並行輸入品の場合は、他の関係ない荷物と一緒に輸入され、専用コンテナでもありません。そのため、温度管理もずさんで、品質の劣化が激しくなっています。コンテナ内が高温になって脂の酸化が進むことにより、ドッグフードの劣化が進むリスクがあります。さらに品質保証もありません。

海外産のドッグフードの値段に大きく関係しているのが、正規品か並行輸入品かの違いです。脂が酸化しているかどうかを知る為には、袋を開けた時に酸っぱいにおいがするかどうかです。脂は酸化してしまうと、動脈硬化、ガン、心筋梗塞老化などの病気の原因となります。さらに、老化の原因となる活性酵素を増加させてしまいます。そのため、海外産のドッグフードを使用する時には、しっかり注意しないといけません。